林業就業支援事業20日間研修(宮崎)が始まりました。

9月12日(土)


宮崎県延岡会場は6名の参加。

福岡県,大分県は同時開催。鹿児島県は9月27日開会です。

ウイズコロナの時代です。急速にリモートでの会議が増えて来ました。

おかげで私たちもリモート会議になれてきました。

九州での林業研修会を九州地区自伐型林業研究会の仲間たちと担当しています。

そこでの議論の中で,一緒に開会式をやろう。そうすることで参加者の連帯感も生まれる。

林業を始めようとする人は少ないのが現状です。

その参加者の自己紹介をZoomを使って4県の会場に発信すれば参加者と知り合いになれる。というものです。

まだまだ操作に不慣れでしたが主催者の厚生労働省の挨拶,受託者のエヌアイエスプラス社の挨拶に続いて40名余りが交代で自己紹介をしました。なかなか興味深かった。

こんな人たちと一緒に学んでいるという温かさを実感しました。

始まったばかりですが一緒に頑張ろうという共感を感じたと思います。

その後は各会場で研修1日目のプログラムが始まりました。

宮崎県延岡会場ではチェーンソー特別教育(学科)です。

参加者の写真を紹介します。

2日目は学科と実技,来週の19日は実技に続いて,普通救命講習です。

林業現場で必要な資格や知識,技能を短期間で習得します。

習得した後は,林業会社に就職したり,自分の山の管理を始めたり,またもう少し研修を続けてと言う人には無田の森研修林で継続訓練をしてから林業に挑戦します。

多くの人がこの研修を通じて林業を知り中山間地の活性化,環境保全に取り組んでくれると嬉しいです。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

©2020 by 九州地区自伐型林業連絡会